アクセス 電話をかける

病院指標

令和元年度 社会医療法人医真会 医真会八尾総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 26 49 58 76 165 325 575 1365 1277 375
入院患者さんの平均年齢はおおよそ70歳前後で推移しています。
70歳以上の患者さんの占める割合は約70パーセントとなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病・腎臓内科(令和2年3月迄)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 26 40.23 20.84 19.23 83.81
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 26 36.12 12.58 11.54 78.77
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 13 31.15 11.67 15.38 79.85
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 13 14.46 14.23 0.00 69.54
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 11 56.36 39.25 63.64 86.64
専門疾患のみならず、一般内科や救急診療にも従事しています。

看護師、管理栄養士、薬剤師など多職種の協力の元、
それぞれのエキスパートが対等の立場で協働して診療にかかわることで、
糖尿病・腎臓病における教育、診療の質の向上を目指しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 30 9.70 7.13 0.00 67.43
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 29 9.62 6.37 0.00 69.52
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 22 5.82 4.85 0.00 69.41
060150xx03xxxx 虫垂炎 17 7.00 5.45 0.00 41.59
060150xx99xx0x 虫垂炎 15 6.53 6.94 0.00 49.73
消化器癌(胃、大腸・直腸、肝、胆、膵)、乳癌、胆道良性疾患(胆石、総胆管結石)、
各ヘルニア、痔核等に対する手術治療、急性腹症(消化管穿孔、虫垂炎、胆嚢炎等)
に対する緊急手術、各種癌に対する化学療法(抗癌剤治療)・緩和ケアを行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 133 37.80 25.94 33.08 82.60
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 90 34.26 23.56 8.89 73.26
160760xx97xxxx 前腕の骨折 74 9.26 5.54 0.00 59.38
070210xx01xxxx 下肢の変形 27 34.67 22.01 0.00 67.00
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 26 28.65 13.35 0.00 56.62
外傷、関節外科、足の外科、手の外科を中心に年間約1300例の手術を行なっています。
脊椎から手・足にわたる整形外科疾患全般に対し幅広く対応しています。
高齢化に伴い、骨折(大腿骨頚部・上腕骨頚部・手関節等)が増加しています。
高齢の方は合併症が多いため、内科医や麻酔科医と連携して積極的に手術を施行し、
早期離床・早期リハビリを行うようにしています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 70 11.93 5.34 1.43 76.37
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 42 12.71 16.13 19.05 72.26
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 33 3.67 3.01 0.00 68.97
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 23 13.83 18.81 47.83 69.17
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 23 10.39 9.67 8.70 75.96
脳卒中や頭部外傷などの救急疾患、脳血管障害・脳ドック・認知症・脊椎疾患・てんかん・
末梢神経障害などに対しても幅広く対応しています。
地域的な特性により脳卒中が主ですが、脳梗塞に対するt-PA療法・急性期血栓溶解療法、
外科(脳出血に対する血腫除去/吸引術/脳動脈瘤に対するクリッピング術など)他に脳腫瘍、
脊椎手術、血管内手術等を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 130 2.12 2.78 0.00 74.31
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 126 2.78 5.09 0.00 76.07
020240xx97xxx0 硝子体疾患 4 7.00 5.95 0.00 64.00
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 6.29
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 9.67
白内障・糖尿病網膜症・硝子体・黄斑前膜・黄斑円孔などに対する手術を行っています。
大学病院や他院とも連携をとり、診療の向上、充実化をはかっています。
また、全ての症例において全国平均在院日数より短く入院していただいています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 19 7.79 7.07 0.00 70.26
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 7 20.00 12.58 0.00 77.71
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患(尿路結石等) 4 20.00 7.38 0.00 61.00
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 14.40
110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 10.21
膀胱癌や前立腺癌などの腫瘍、前立腺肥大症、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症、
尿路結石などを中心とした泌尿器一般の疾患を扱っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 52 5.50 4.40 0.00 68.29
050130xx99000x 心不全 43 23.51 17.71 6.98 82.00
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 39 3.36 3.01 0.00 67.36
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 18 22.33 20.84 5.56 86.94
050130xx99020x 心不全 17 28.41 24.43 11.76 81.47
心臓カテーテル検査・冠動脈カテーテル手術をはじめ、末梢血管(下肢・鎖骨下・腎)
に対するカテーテル治療、ペースメーカー植込み等を行っています。
また、心不全に対してはEBMやガイドラインに基づいた積極的な治療を行い、
生命予後の改善と、日常生活が問題なく行えるような医療を目指しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 101 2.56 2.63 0.00 72.55
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 83 32.17 20.84 32.53 89.55
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 83 11.11 9.79 2.41 79.52
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 55 2.15 3.02 0.00 75.33
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 55 17.73 12.58 10.91 80.78
胃潰瘍や腸炎などの日常疾患から、慢性肝炎・肝硬変・消化管癌・炎症性腸疾患などの
特殊な疾患まで、広く消化器疾患を診療対象として受け入れています。
特に内視鏡関連には力を入れており、最新の機器をそろえ、皆様をがんの脅威から守るべく
質の高い検査・治療を心がけております。
また、地域医療連携を重視し、かかりつけの先生と連携して診療にあたるようにしています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 22 2.00 2.03 0.00 60.68
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 3.22
睡眠時無呼吸症候群の検査・NCPAPの導入を実施しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 3 6 12 18 8 1 8
大腸癌 6 14 9 8 14 22 1 8
乳癌 1 1 0 1 1 2 1 8
肺癌 0 0 0 0 0 5 1 8
肝癌 1 5 5 2 4 12 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では胃癌・大腸癌・肝癌の患者さんを多く診療しています。
大腸癌Ⅰ~Ⅱ期、胃癌Ⅰ、Ⅳ期、肝癌再発の割合が高くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 8.70 52.20
中等症 95 19.02 78.52
重症 48 26.02 83.52
超重症 28 24.89 80.18
不明 0 0 0
中等症以上の患者さんが多く入院しています。
平均年齢が上がるごとに重症度も上がり、在院日数も長期化する傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 141 24.04 75.71 30.72
その他 12 19.83 75.00 2.61
脳梗塞の殆どが、発症後3日以内の入院となっています。
急性期治療後には専門病院へ転院の上リハビリテーションを行う場合が多く、転院率は約31%となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
糖尿病・腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 14 9.36 15.86 7.14 72.57
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 38.92 28.69 38.46 86.62
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 7 26.86 24.29 57.14 84.71
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
透析導入や維持透析中の患者さんに対し行う、透析シャント関連の手術が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.94 8.18 0.00 69.17
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 6.05 20.30 10.00 77.50
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 19 1.58 3.11 0.00 69.21
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 1.29 4.71 0.00 41.59
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 10 8.00 8.70 0.00 71.40
鏡視下手術(早期胃癌・早期~進行大腸癌、胆石、総胆管、虫垂炎、鼠径ヘルニア等)が上位を占めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝・股・肩) 113 1.25 32.79 8.85 73.65
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕・肩甲骨) 106 3.75 29.96 28.30 78.31
K0811 人工骨頭挿入術(膝・股・肩) 68 3.69 34.01 27.94 82.06
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 65 2.38 20.00 4.62 58.97
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿) 39 1.00 3.44 0.00 58.67
変形性関節症等に対する人工関節置換術を多く実施しています。
骨折に対する手術の割合が高くなっています(骨折観血的手術・人工骨頭挿入術等)。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 102 2.43 16.65 5.88 76.87
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 0.72 14.52 12.00 77.80
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 17 6.29 16.41 11.76 76.47
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 11 1.73 27.09 18.18 68.09
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 8 1.50 8.50 0.00 65.75
下肢血管狭窄・閉塞に対するカテーテル手術を多く実施しています。

慢性硬膜下血腫洗浄術は外傷等により硬膜下にできた血腫を洗浄・除去します。
緊急で実施する場合もあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 253 0.00 1.45 0.00 75.18
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 8 0.00 7.75 0.00 71.38
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) 2 0.00 1.00 0.00 74.00
K281 増殖性硝子体網膜症手術 1 0.00 7.00 0.00 62.00
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(縫着レンズ挿入) 1 0.00 1.00 0.00 77.00
白内障の手術が最も多いですが、硝子体手術も積極的に行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 19 2.00 4.79 0.00 70.26
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 7 0.57 26.14 14.29 65.43
K830 精巣摘出術 2 2.00 14.50 0.00 67.00
K8352 陰嚢水腫手術(その他) 2 1.00 1.00 0.00 72.50
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 1 2.00 4.00 0.00 81.00
膀胱腫瘍に対する経尿道的手術を多く実施しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 54 5.20 7.61 0.00 71.09
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 13 2.85 19.54 7.69 68.77
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 11 6.36 16.45 9.09 79.82
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 10 0.60 16.90 0.00 70.20
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 10 0.40 7.90 10.00 72.10
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント術と形成術が主となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 111 1.23 0.87 0.00 73.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 90 2.66 14.36 7.78 81.99
K654 内視鏡的消化管止血術 43 0.67 12.09 0.00 69.40
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 32 1.00 7.03 0.00 74.09
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 23.06 34.50 37.50 83.19
大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的切除術が最も多くなっています。
胃癌に対する内視鏡的粘膜下層切除術と胃の腫瘍に対する内視鏡的切除術が増加しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 3 0.07
180010 敗血症 同一 1 0.02
異なる 5 0.12
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 0.59
異なる 3 0.07
DPCレセプト請求を行った件数等のため、実際の発生数とは異なる場合もあります。
また、入院契機と異なる場合は、他疾患での入院において併存もしくは発症したものとなります。
手術・処置等の合併症とは、術後の感染症・出血、人工挿入物のゆるみ・破損・脱臼・感染等、等です。
合併症は発生しないように細心の注意を払っていますが、一定の確率で発生します。
更新履歴
2017/09/29
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2018/09/26
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2019/09/13
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2020/09/24
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

医師看護師の負担軽減及び処遇改善に関する取り組み

 

・医師の負担軽減に対する院内計画

・看護職員の負担軽減及び処遇改善に資する院内計画

Scroll Up