アクセス 電話をかける

入院リハビリについて






365日 毎日リハビリ実施します!

土・日・祝日、年末年始も含め、毎日、患者さんの状態に合わせて、リハビリテーション(理学療法・作業療法、言語療法)を実施しています。

 

退院された後、安心して、安全に生活していただけるよう、当院では以下のような取り組みをおこなっています。

様々な職種と連携し、情報を共有しています

主治医、看護師、ソーシャルワーカー、管理栄養士、リハビリスタッフ間で、患者さんのリハビリの進行状況、病棟での生活の様子を共有し、今後の目標や方向性等を話し合っています。

介助指導の実施

退院後の生活で介助が必要な場合、不安を感じている方に向け、リハビリスタッフがご家族様へ介助指導を行う機会を設けています。

家屋評価の実施

病院を退院して在宅の生活を始める前に、担当理学療法士・作業療法士が入院中にご自宅に伺い、病後の身体に合わせた家屋内での環境作りを一緒に考え、最適な提案を行っていきます。

退院後の自宅での生活を、安全で、安楽に暮していけるよう、手すりや段差解消など住宅改修のアドバイスや、福祉用具の紹介・提案なども行います。 家屋評価後から退院までの期間には、自宅環境を設定した状況で繰り返し動作練習を実施します。 また、家族の介助負担を減らす為、ご自宅の生活に合わせた介助方法や動作指導も行っています。

 

ご家族に、患者さんのリハビリ状況をより知って頂けるよう、当院では以下のような取り組みをおこなっています。

リハビリ見学

患者さんがリハビリしている場面を、いつでも見学していただけます。 また、主治医による定期的な病状説明の日に、患者さんのリハビリ場面を見学していただくことも可能です。ご不明な点や退院後の生活で不安に感じていることがあれば、その都度気軽にセラピストにご相談ください。

自己管理カルテ

病室には患者さんごとに、『自己管理カルテ』を置いています。 『自己管理カルテ』とは、患者さん、ご家族、病院スタッフとの情報交換ノートのことです。 中には何でも記入欄を設けており、日中の面会が困難であり、時間の都合が合わず直接やり取りが難しいご家族に対し、患者さんの状態やお伝えしたいこと等スタッフよりコメント記載をさせていただきます。 またご家族からもご要望やご不明な点があれば気軽に記載していただけます。記載いただければ速やかに返答させていただきます。

ある患者さんの1日スケージュール

患者さんの病態に合わせ、理学療法士とともに立ち上がりや歩行練習を行ったり、作業療法士とともに身の回り動作(着替え、食事、排泄、整容など)や 書字・家事動作などの練習をします。 また、会話や食事の飲み込みにも障害がある場合は、言語療法士とともに練習を行います。 ※理学療法・作業療法・言語療法合わせて一日最大2時間40分~3時間のリハビリテーションが組まれます。(疾患によってリハビリの最大時間は異なります)

 

退院後のリハビリフォローについて

退院後も継続してリハビリが必要な方に対して、フォローさせていただきます。

外来リハビリについて ≫
訪問リハビリについて ≫

Scroll Up