臨床検査科スタッフのある日を紹介します

入職2年目A君の1日

8:30 勤務開始
病院全体朝礼に参加
朝礼での伝達・報告事項等を検査科共有ファイルに入力
9:00 人間ドック・外来検査
10:00 負荷心電図(トレッドミル)検査
ポータブル心電図検査のため心電計をエレベーターに乗せ病棟へ
検査室に戻りデータ整理など
入職1年目の後輩からかかってきた電話の相談をうける
11:15 昼休憩(1時間)
12:15 脳波検査
14:30 腹部超音波検査
上司に検査画像写真の確認をうける
15:30 検査科内症例検討会に参加
当日検査の復習とデータ確認
16:00 翌日検査の予習
16:30 終礼・申し送り
片付け・物品確認・掃除
17:00 業務終了
お疲れ様でした!

 

当直者Bさんの1日

16:30 勤務開始
終礼・申し送りをうける
17:00 当直業務
救急外来のサポート
病棟から心臓超音波検査依頼
19:00 日勤帯施行分のデータ確認
20:00 休憩(1時間)
21:20 救急外来の腹部超音波検査対応
その後、救急患者さんについて放射線技師とディスカッション
2:00 病棟患者さんの輸血依頼
クロスマッチ・製剤出庫
6:30 病棟採血分の検体回収
7:00 病棟心電図対応
8:00 当直日誌記入
8:30 申し送り
9:00 業務終了
お疲れ様でした!

 

職員紹介

やりがいは患者さんから
いただいています!(入職4年目)

 

検査科入職4年目職員

なぜ検査技師になりたいと思いましたか?

元々は理科の実験っぽいことをしたくて検査技師の大学へ入学しました。
しかし、学校で実際に検査技師の仕事について学んでみると実験っぽい内容もありましたが、実際の業務は手作業から機械化されていてあまり実験っぽさはありませんでした。
最初は想像と違うなと思ったのですが、実験っぽい検査以外にも肺活量検査や超音波検査など様々な検査を検査技師が行っていることを知り、超音波検査をしたい!と思って検査技師になりました。

やりがいを感じる時はどんな時ですか?

患者さんが苦しんでいる・困っている原因を検査で見つけて治療に繋げられた時や健診で受けて頂いた検査で重要な病気を早期発見できた時などにやりがいを感じます。
また、患者さんから「ここで検査を受けて病気が見つかったおかげで早期治療ができて、今はとても元気です」という様なお話を聞けた時はとても嬉しくもっと頑張ろうと思えます。

臨床検査技師の魅力を教えてください。

症状がない患者さんの病気や医師が想定していなかった病気などを検査によっては一番に発見できるところです。
また、一番に病気を発見できる私たちの対応が患者さんの命にかかわることもあり、責任も大きいですがその分やりがいのある仕事だと思います。

仕事をするにあたって心がけている事は何ですか?

私が心がけていることは、患者さんを第一に考え寄り添えるようにということです。
細やかな気遣いを大切にし、安心して質の高い検査を受けて頂けるよう努力しています。

入職してからを振り返ってどのような時間を過ごしてきたと感じますか?

様々な勉強会や学会などで知識を蓄えたり、先輩方の協力を得て検査の練習をしたり充実した時間を過ごせていると思います。

次のステップに向けた課題を教えてください。

今は主に腹部・心臓の超音波検査を行っていますが、今後は乳腺や甲状腺・血管系など他の領域の検査もできるように練習・勉強をしているところです。
さらに、超音波検査の専門資格取得に向けて取り組んでいます。

プライベートではどのように過ごしていますか?

おいしいものを沢山食べたり、動物が好きなので猫カフェに行ってみたり、癒しを求めてのんびりしていることが多いです。

何か趣味があればおしえてください。

秋ごろにはよく釣りに出かけます。主に太刀魚を狙って釣りをしますが、他にもアジやサバなどいろいろな魚が釣れますし、時々泳いできたカニを網で捕まえることもあります。やっぱり魚は釣りたてが一番おいしいです。

 

検査技師は僕にとってヒーロー!(入職2年目)

 

検査科入職2年目職員

なぜ検査技師になりたいと思いましたか?

小さいころから病院に通うことが多く、自然と病院で働きたいと思うようになっていました。
小学生の時、超音波検査をよく受けていて、その検査結果が先生の診断に繋がっていくのがかっこよくて将来自分も超音波検査をしてみたいと思ったのがきっかけです。

やりがいを感じる時はどんな時ですか?

超音波検査や心電図など生理検査を主に行っていますが、患者さんの痛みやしんどい原因を見つけられた時の喜びや、直接患者さんに『ありがとう』と言ってもらえた時にやりがいを感じます。

仕事をするにあたって心がけている事は何ですか?

生理機能検査は直接患者さんに関わる仕事です。
病院に来るというだけで不安な気持ちになると思うので少しでもその不安を取り除けるように声をかけて明るく接することを心がけています。

入職してからを振り返ってどのような時間を過ごしてきたと感じますか?

何もわからない中入職し、手取り足取り先輩方に教えてもらいながら、最近は一人で任される仕事が増えてきました。
責任の大きさに緊張感はありますが、着実にスキルアップできていると実感でき、充実した時間を過ごせていると感じます。

次のステップに向けた課題を教えてください。

今まで患者側の立場で病院を見ることが多かったので、患者さんと同じ目線で関わっていける検査技師でありたいと思っています。
それと同時に、今は超音波検査に携わっており、日々、勉強と経験を積み重ね、将来は超音波検査士の資格を取得し、安心して検査を受けてもらえる検査技師になることが今後の目標です。

 

 

臨床検査科インタビュー:働く環境について聞いてみました

検査科管理課長と新入職員

管理科長、当検査科の特色を教えてください。

当科 検体検査(病理・輸血を除く)はブランチラボが導入されているため、検査技師は生理検査と病理・輸血検査の業務をしています。

アピールポイントは何ですか?

生理検査は超音波検査をメインとしルーチンワーカーのほぼ全員が超音波検査士(2領域以上)の資格を持っています。
病理・輸血検査でもそれぞれ専門の資格を持って従事しています。

 

 

~それでは今年入職1年目の阪本さんにインタビューします~

 

検査科入職1年目職員

医真会を選んだ理由はなんですか?

最初は医真会が特に生理検査に力を入れていると聞き、興味を持ちました。
そして、病院見学に行ったときに救急にも対応した生理検査の様子や認定資格を取得している方が多く、勉強会を頻繁にして部署全体で知識や技術の向上を目指していると知り、この病院の一員として医療に携わりたいと思うようになりました。
また医真会では総合病院だけでなく、医真会グループとしてクリニックスや診療所、リハビリテーション病院にも出向き、それぞれの特色にあった幅広い経験ができることや職場の雰囲気がよくアットホームな環境であることも選ぶきっかけになりました。

これから挑戦してみたいことはなんですか?

やはり1番は超音波検査です。入職してからは心電図検査や肺機能検査を担当し、最近では運動負荷試験や脳波検査にも携わらせてもらっています。それらの検査の 中で、異常が見つかった場合はその後に超音波検査で精査することも多く、担当された先輩に超音波検査ではどのように見えたのかを教えていただくこともあります。
今後、私自身も先輩方のように超音波検査ができるようになり、もっと様々な視点から病態を把握していける臨床検査技師を目指したいと思っています。
また、今は生理検査を担当していますが、これから病理検査や輸血検査、関連施設の検体検査も経験することで視野を広げていきたいです。

 

 

~管理科長に聞いてみました~

 

検査科管理課長
阪本: 入職して間もない頃の自分と比べるとできることも増えましたが、まだまだたくさんのことを勉強する毎日です。もっとこうすればよかったなと反省したり、仕事がうまくいかずに落ち込むこともあるのですが、気持ちの切り替えがなかなかできなくて・・・管理科長はどうやって気分転換されていますか?
廣辻: ON・OFFを切り替えることかな。
どんなに仕事で落ち込んでも、家に帰る途中の車の中で切り替え、お母さんモードになり家族と過ごす時間や自分の趣味である山歩きやヨガで心身共に癒されてリフレッシュすることで明日も頑張ろうと思えてきます。
阪本: 管理科長にはお子さんが二人おられるとお聞きしましたが、家庭と仕事の両立は大変ではなかったですか?
廣辻: 大変なこともたくさんありましたが、家族と職場の皆に支えてもらったという実感はありますね。また、医真会グループとしても産休や育休が取りやすい環境にあったことも続けられた要因の一つです。
阪本: 今後の自分も含め、新人に期待している事は何かありますか?
廣辻: 医療従事者として幅広い業務に携わっている臨床検査技師の仕事を好きになり、臨床検査技師の仕事が患者さんの診断・治療に役立っていることに責任を感じる技師になって欲しいです。また上司や先輩からいろんなことを吸収してそれを次に繋いでいってくれたら嬉しいですね。
阪本: あとは任せたと言ってもらえる検査技師を目指します!
検査科管理課長と新入職員

 

廣辻管理科長、阪本さん ありがとうございました。
臨床検査技師としての経験は先輩から受け継がれていくものだと感じました。
こんな風に、バトンが繋がっていく検査科でありたいです。

 

現在の取得資格一覧

2020.7.1現在

取得資格 人数 認定団体・学会等
臨床検査技師 21 厚生労働省
超音波検査士(消化器領域) 13 日本超音波医学会
超音波検査士(循環器領域) 10
超音波検査士(泌尿器領域) 5
超音波検査士(体表臓器領域) 4
超音波検査士(血管領域) 1
血管診療技師 3 血管診療技師認定機構
脳神経超音波検査士 1 日本脳神経超音波学会
二級臨床検査士(循環生理学) 8 日本臨床検査同学院
二級臨床検査士(病理学) 3
緊急臨床検査士 1
細胞検査士 2 日本臨床細胞学会
国際細胞検査士 2 国際細胞学会
認定輸血検査技師 1 日本輸血・細胞治療学会
JHRS認定心電図専門士 1 日本不整脈心電学会
NST専門療法士 1 日本臨床栄養代謝学会
特定化学物質及四アルキル鉛等作業主任者 2 厚生労働省
有機溶剤作業責任者 2
Scroll Up